スポンサード リンク

2010年10月07日

漢字の成り立ち辞典

漢字の成り立ちに興味持ったりしませんか?何と漢字成り立ち辞典、辞書があるんです。 何気に形みたら、想像できる漢字ありますよね。 そういうのを象形文字っていうんですよ。みんな知ってますよね。 山って漢字なんかまさにですよねあとは、人って漢字とかもね。

象形(しょうけい)とは 形を象る(かたどる)という意味です

次に指事文字(しじもじ)
かたちであらわしにくいことがらを点や線をつかったり、

象形文字(しょうけいもじ)にしるしをつけたりして
あらわしたものなんです。上って漢字とかですね

次に会意文字(かいいもじ)
会意文字(かいいもじ)とは、ふたついじょうの漢字をくみあわせて
漢字をつくり、べつのあたらしいいみをあらわしたものです
たとえば 鳴く とかですかね。

そして、形声文字(けいせいもじ)
「意味(いみ)」をあらわすぶぶんと 「音(おん)」をあらわすぶぶんが
あわせてできた漢字です。
形声文字(けいせいもじ)はたくさんあって、

漢字のだいぶぶんがこれになります。
漢字の成り立ちを調べてみるとなかなか面白いですよ
そういった漢字の成り立ちを調べることができるような
漢字成り立ち辞典があります。色々漢字のことが
わかって非常にたのしいですよ。
posted by daipapa at 11:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサード リンク

歌舞伎THE 需要と供給